アウトドア入門へようこそ  

アウトドア にゅうもん編


 
 



アウトドアの基本の道具たちの選び方をあつめてみました。
楽しいアウトドアを引き立ててくれる道具たちです^^

テントへ
タープへ
シュラフへ
ランタンへ
ストーブへ

テント

テントはキャンプに必要不可欠なアイテム。高価なものでもあり、自分のスタイルに合ったものをじっくり選ぶ必要があります。

テントは大きく分けて「ドーム型」と「ロッジ型」の2種類があります。

ドーム型<短期・初心者向け>

ランナー(張り綱)やロープが不要で平地ならどこでも設営が可能。 グランドシートと本体が一体になっており、それをフレームに通すか吊り下げるかなので初心者でも非常に簡単で短時間に設営が可能。
長所は軽量で設営が簡単であること。短所はナイロン製のため火に弱く夏場は内部が非常に暑くなることです。 大きさによっては車でなくても、ロードバイクなどの大きさだったら持ち運びもできるでしょう。
 


ロッジ型 <長期滞在向け>

広々としており大変居住性がよくファミリーキャンプでもゆったり。 ほぼ垂直に立つので、デッドスペースが少なく床面積を有効に使うことができます。 またコットン製であれば火にも強く安心。ただテント自体が非常に重く、設営に人手を取られるといった短所があります。


テントを選ぶ時に考えなければならないのが次の3点。

@どこで使用するのか。

Aどの季節に使用するのか。

B何人で使用するのか。

使用する際の条件や目的で自分にぴったりのテントを選びましょう。

あまりにも安いものの中には雨漏りをするものもあるので注意が必要です。

また、黄色や黄緑等のあまりに明るいカラーのテントの場合低地に設営した時、虫が寄りやすいということもあるようです。

ページのTOPへ

タープ

テントの次に用意したいのがタープ。 雨はもちろん、直射日光や風を遮ってくれるグッズとして是非用意したい。 タープはテント同様ポールと張綱を使って立ち上げ固定するスタイルですが、 タイプによって使用するポールの数も張綱の数も異なり設営の手間も変わってきます。


ウイング型

名前のとおり飛行機の翼のような形のタープ。
ポール・張綱の使用本数が少なく1人でも短時間に設営が可能。 コンパクトに収納ができ、持ち運びに便利。
構造的に、設営面積に対して使える面積が狭く、あまり居住性が良くないのが短所。
 

ヘキサゴン型

ウイング型を発展させた六角形のタープ。

角が増えた分だけ、ウイング型よりも有効面積が広くなっている。

張綱が左右ともに2ヶ所あるため強度もアップ。

 

レクタングラー型

長方形のシンプルな形のタープ。

状況に応じてさまざまなバリエーションに使い分けることが可能。

有効面積が広く居住性に富むが、設営に手間がかかるのが短所。 また、風にも弱いので張り方には注意が必要。

 

カーサイド型

クルマのサイドにタープをセットするタイプ。

ポールが1本だけのものが多く設営が簡単で、風にも強い。

ワンボックス車や4WDなど車高の高いクルマでないと居住性が悪くなってしまう。

 

ページのTOPへ

 

シュラフ

快適なキャンプを過ごすために不可欠なのが十分な睡眠をとることです。安眠を確保するために欠かせないシュラフもしっかりと選ぶ事が大切。

シュラフには「封筒型」と「マミー型」の2つのタイプがあります。

封筒型

大き目の作りで比較的ゆったりと睡眠をとることが出来ます。また横のファスナーで温度調整も可能であり、 ファスナーを開くことによりマットやブランケットとしても使えます。

ただし収納性はあまりよくないです。
 

マミー型

体のラインに合わせたようなラインでデザインされており保温性に優れています。
トップフードが付いたものも多く頭からの冷えも防いでくれます。
非常にコンパクトに収納することができるのが利点。
反面、コンパクトゆえに寝心地は窮屈なものとなります。
 

ページのTOPへ

 

ランタン

キャンプ場の夜は真っ暗闇です。キャンプの夜を楽しく過ごすためには適度な照明が必要です。 ランタンは使用する燃料によって、ガソリン式、ガスカートリッジ式、乾電池式、キャンドル式などがあります。

ガソリン式ランタン

燃料のホワイトガソリンは安価で使用時間が長いという長所があります。 キャンプ場の売店でも簡単に入手できることが多いようです。
操作に慣れが必要で、燃料を入れすぎると点火時に炎が大きく上がったり燃料補給時にガソリンをこぼしやすいといった短所があります。 また、空気圧を上げるための作業が必要であり取り扱いが多少面倒になります。
 

ガスカートリッジ式ランタン

ガスカートリッジ式は取り扱いが非常に簡単で初心者でもすぐに操作が可能。 デザイン・サイズ・明るさの種類も豊富で自分に合ったものを選びやすいのも魅力です。
ただし、気温や気圧の影響を受けやすいので、冬期の使用や高所での使用には注意が必要。 キャンプ用ガスカートリッジには種類がたくさんあり、メーカー間に互換性がありません。
 

乾電池式ランタン

乾電池式は取り扱いがもっとも簡単。 安全性も高く、テントの中でも使用が可能。

光量的に物足りないので、サブとして使用される場合が多いです。
 

ランタンを上手に使い分けよう!

メインとして大型のものを1つ、サブとして乾電池式のものを1つ用意したい。

メインは初心者でも取り扱いが楽なガスカートリッジ式がおすすめです。
注意をしたいのが燃料。 ガソリンランタンを選ぶ場合はガソリンストーブを、ガスランタンを選ぶ場合はガスストーブ(同じメーカー)を、という風に同じ種類の燃料で購入しないと数種類の燃料を持ち込む事になってしまいます。

ページのTOPへ

ストーブ

ストーブとは調理用のコンロのことです。これがあればアウトドアクッキングの幅を広がるので、できれば用意しておきたいアイテムのひとつですね。

ストーブには、コンパクトなシングルバーナーと据置型2口のツーバーナーがあります。 また、燃料は主にガソリンとガスカートリッジの2タイプがあり、基本操作や特徴はランタンと同様です。


シングルバーナー

シングルバーナーは持ち運びにも便利なコンパクトサイズのバーナーです。 ご飯を炊いたり簡単な料理を作ったりするのはもちろん、夜中にちょっとインスタントラーメンを作る時や朝の目覚めのコーヒーを作る時などにも非常に重宝します。 ただし、サイズが小さい分だけ不安定となってしまい、大きな鍋を使うような使い方には向きません。

 

ツーバーナー

ツーバーナーは、名前のとおり2口のバーナーのついたストーブで、一方がメイン、一方がサブになっており火力の使い分けができます。 家庭のガスレンジと同じように使用することができ、本格的な料理を作ることも可能。
しかし、ガソリンを使用するタイプの場合、ランタン同様取り扱いには注意が必要です。
 

最初はバーベキューコンロと併せてシングルバーナーを用意しよう

シングルバーナーは値段もお手頃でもあり、簡単な料理を作ったりコーヒーを入れたりと活躍します。 キャンプに慣れ料理の幅が広がってきたらツーバーナーを用意するといいでしょう。

2017/1/25 更新

ページのTOPへ次のページへ