アウトドア入門へようこそ  

アウトドア にゅうもん編


 
 


ダッチオーブンはすごい
ひとつでいろいろこなしてくれるダッチオーブンは何と言っても魅力的!
持っていると役にたちますよ。料理好きにはぜひ♪

ダッチオーブンは黒くて大きな鉄の鍋。「魔法の鍋」という表現がよく使われます。
BBQコンロで出来る事って「焼く」ですよね。
シングル&ツーバーナーならいろんなことが出来ますが、そのためにはいろんな調理器具を持っていかないといけません。凝った料理をするには燃料代も結構かかってしまします。

それがダッチオーブンなら、焼く、煮る、炒める、炊く、揚げる、蒸す、と、何でもこれ一つで出来てしまいます★

ピザを焼いたり、シチューやカレー、炊き込み御飯、デザートも作れます。
食材を中に入れて、焚き火の中にぽいっ!と放り込むワイルドなスタイルもアウトドアにピッタリですね!
しかもダッチオーブンは圧力鍋効果が得られます。自慢の料理がさらに美味しくなりますよ〜♪

選び方
お手入れ
最初の料理は
レシピ

 

選び方

大きさ

種類がいろいろあって悩んでしまいますが、オススメは「12インチのディープ」です。(奥行きが深いタイプですね)
ピザやパンなど、家族での使用なら10インチか12インチ位がちょうどいいと思います。

それを基準に人数と、用途を想像して大きさを決めて下さい。ちなみにオーブン料理をメインにされる方は、ディープではなくノーマルを選びましょう。そのほうが熱効率が良くなりますよ。

素材は

ダッチオーブンは鋳鉄製というイメージが強いですが、アルミや南部鉄製の商品もあります。

鋳鉄製の商品ではシーズニングという慣らし作業が必要ですが、使えば使うほど味がでて、おいしい料理が作れるようになります。

アルミや南部鉄製の商品はメンテナンスが楽なので、どちらを選ぶかはお好み次第。最近では鋳鉄製でもシーズニング済みの商品が登場しているので、キャンプで使用するなら鋳鉄製がおススメです。

キャンプで?おうちで?

キャンプでしか使わないなら、足が付いているタイプが安定して使えます。 「ダッチオーブンにはまったらお家でも使うかもしれない…」
という方は、足が付いていないタイプを選ぶと家のコンロでも使用できますよ。

ページのTOPへ

お手入れ

鋳鉄製のダッチオーブンは、シーズニング(慣らし)という作業が必要です。
少し面倒ですが、これをすると鍋が綺麗に黒く光るようになります。
ダッチオーブンは使い込むほど味が出るので、商品の説明書をよく読んで丁寧に手入れしてあげて下さいね。

最近では、シーズニングされた状態で売っている商品もあります。
手間を省くか、手間を楽しむか。考えて購入しましょう。

シーズニングのお手入れ

出荷時のダッチオーブンには錆止めワックスがかかっているので、それを落とします。

安全の為にこれを取り除き、鉄の臭みを取ること、そして鍋自身に油をなじませ、錆びにくくまた、焦げ付きにくくするのがシーズニングの目的です。

 

@ 中性洗剤でワックスを洗い流します。

A 鍋(フタも同じように)に水を入れて沸騰させます。(お湯ではなく必ず水から沸騰させましょう。)

B 沸騰してしばらくしたらお湯を捨て、そのまま火にかけ乾燥させます。

C 鍋全体にオリーブオイルを塗り、弱火〜中火にかけます。少量をよく延ばすようにしましょう。煙が出なくなるまで全体をまんべんなく、じっくり火にかけて下さい。

D それを2〜3回繰り返します。

E オリーブオイルのベトベトが無くなったら終了。鍋の色が黒くなっていたらOKです。

F 最後に鉄臭さを取るために野菜炒めです。なるべくピーマン、葱などの匂いがきつい野菜を炒めましょう。

以上でシーズニング完了!注意点としてはオリーブオイルを塗りすぎないことと、ダッチオーブンに急激な温度変化を加えないこと。
特に急激な温度変化はひび割れなどの原因になるので注意が必要になります。




普段のお手入れ

料理後はお湯を張って食材がこびりつかないようにしておきましょう。そのまま加熱してヘラ等で汚れを落とし、お湯を捨てて再び加熱して乾燥させて下さい。その後オリーブオイルをシーズニングと同じように塗って、ベトベトしなくなるまで焼きましょう。

家での保管は湿気の少ない場所に置きましょう。出来ればフタをひっくり返して鍋が密閉しない状態が理想です。

ページのTOPへ


最初の料理は

シーズニング後の使い始めはシチューやカレー、あるいは揚げ物をおススメします。シーズニングをしたとはいえ、まだまだ油のなじみ方は表面だけですから、最初にパンのようなオーブンメニューから始めると、なじんだ油を焼ききってしまい、そのまま置いておくと錆びの原因になります。

「50年使われたダッチオーブンはその家の家宝になる」と言われています。

これからダッチオーブンを末永く使う為に、最初の料理は油を使ったおいしいチキンフライを作ってみよう。!!

材料(4人分)

・鶏モモ肉500g・塩・コショウ・小麦粉適量
・揚げ油適量

@下ごしらえ。鶏肉は食べやすい大きさに切って、塩、コショウをまぶし、小麦粉をつける。

Aプレヒートしたダッチオーブンに揚げ油を入れ、 低温、約170℃で鶏肉を入れて、カバーをして揚げる。

B鶏肉に火が通ったら、カバーを開け、一旦鶏肉を取り出す。火を強め高温、約190度にしてもう一度鶏肉を入れて2度上げする。2度上げすることで外はカリッと、中は肉汁を閉じ込めたジューシーなフライドチキンに仕上がる。
鶏肉が小麦色になったらキッチンペーパーにとりだし、皿に盛って出来上がり〜♪


ページのTOPへ

ダッチオーブンを使ったレシピ

石鍋ビビンバをキャンプで食べたい! というときにも大活躍する魔法の鍋、ダッチオーブン。
香ばしい香りとアツアツのビビンバを手軽に楽しみましょう

鉄鍋ビビンバ

白米2合、牛ひき肉200g、卵2個、ナムル好みの量、キムチ・お好みでOK。
ごま油、しょう油、焼肉のタレ、コチュジャン・お好みでOK。

@研いだお米と同量の水を鍋に入れ30分水分を吸わす。

Aご飯を炊く。
最初は強火にかけ、蒸気が出てきたら中弱火で15分くらい炊く。
最後に蓋を開け15秒くらい強火にして水分を飛ばす。
蓋をして10分蒸らす。 蒸れたらへらで全体をほぐす。

Bご飯を蒸らしている間に肉味噌を作る。
ひき肉を炒め、焼肉のタレを適量入れ混ぜ合わせる。
辛めが好きな方はここでコチュジャンを混ぜてもよい。


Cごはんをほぐした後、鍋肌に沿うようにごま油を1周くらいかけ回す。(多少多いと思う方が美味しいですよ)しょう油をごはんに軽くかける。 最後にナムル、卵の黄身、肉味噌を並べます。

D蓋をして再び鍋を火にかける(強火)。
30秒〜1分で蓋をちょっとあけると「パチパチ」と言い出すので、それを合図に火を止める。

間を空けずにへらで全体をすばやく混ぜ合わせて出来上がり。(コチュジャンを入れてもよい)

Eキムチは最初から入れてもOKです。
お子さんなどがいればどんぶりに盛ってから乗せてもいいですね。

 

最終更新日:2017/1/25

前のページへ|ページのTOPへ